膀胱制御薬は認知症を発症する確立を上げる可能性がある

科学的研究により、いくつかのよく使われる処方薬や市販薬には抗コリン作用があり、認知症を発症する確立を上げる可能性があることが判明しました。残念ながら、その中には膀胱制御薬品も含まれています。皆様にお読みいただけるよう、「Washington Post」 や「People’s Pharmacy」の記事をいくつか膀胱健康センターに追加しました。

「過活動膀胱」にとって、薬は最善の解決策ではないかもしれません

「過活動膀胱」と呼ばれる症状のための薬の広告を見ると、投薬こそ頻尿や尿漏れを解決する鍵であるように思えるかもしれません。しかし、本当に薬を飲むことが膀胱制御力を取り戻すための最善の方法なのでしょうか。

広告には載っていないかもしれないこと
薬の広告では、その治療法を使うかどうかを決めるのに必要な情報が省かれていることがあると、南カリフォルニア大学ケック医学校で臨床医学の助教授を務めるマイケル・ホッチマン氏は述べています。

記事全文はこちらでお読みいただけます。

あなたの薬が認知症の発症リスクを高めている

このことは先ほども言及しましたが、大きな混乱を引き起こしかねない記事の見出しも以下にご紹介しておきます。

「アルツハイマーと関連のある花粉症薬」 (Irish Independent)

「アルツハイマーのリスクを高める可能性のある市販薬についての調査報告書」(New York Post)

「一般的なアレルギー薬、抗うつ薬に認知症発症確立を高める可能性あり」 (CBS NEWS)

「認知症と『関連のある』一般的な市販薬」(BBC News Health)

これらの恐ろしい見出しについて心配するべきでしょうか 一言で言うなら、イエスです

記事全文はこちらでお読みいただけます。