46歳男性

「私の膀胱は体重20kgのおばあちゃん並みの弱々しい膀胱から、アーノルド・シュワルツェネッガー並みの膀胱へと変わりました。もしかしたらこの状態が普通なのかもしれませんが、私にとってはそれくらい強くなったように感じます」

Urox膀胱制御を使用したことがピーターの助けになりました

  • ピーターの場合、ユーロクス (1回1錠、1日2回) を2週間服用した後、効果が見られました。
  • 4週間の服用後は、最長6時間はトイレに行かなくてもよくなりました。これはピーターにとって「人生最長記録」となりました。
  • 2ヶ月服用した後は、完全に膀胱を制御できるようになりました。

ピーターの体験談:

ピーターは子供の頃からトイレが近いと言われてきており、彼の記憶によれば、膀胱内圧測定または膀胱容量測定テストを受けた後で、正式な診断も下されたとのことです。

ピーターは膀胱の問題のための薬は飲んでおらず、職場やレストランではトイレの近くの席に座り、水分摂取量を減らし、夜はベッドに保護カバーとタオルを敷くことによってなんとか乗り切ってきました。この頃のピーターは日中には1時間半ごと、夜間には1時間半から2時間半ごとにトイレに行かなければならず、睡眠が阻害されていました。さらに、大量にアルコールを摂取した時 (通常の大きさのコップで6杯以上)は、寝具がびしょびしょになるほどの夜尿がありました。ピーターはそれを予期して、アルコールを飲んだ時はベッドにいつもよりたくさんのタオルを敷くようにしていました。

ユーロクス服用がピーターにもたらした効果 – 服用量: 1回1錠、1日2回

ユーロクスを2週間服用した後、ピーターは日中と夜間の頻尿に対し改善が見られることに気がつきました。夜間頻尿が減ったことが、日中の活力レベルの向上につながりました。4週間が経つ頃には、ピーターは日中最長6時間もトイレに行かなくてもよくなりました。これはピーターにとって「人生最長記録」だったそうです。この段階で、ピーターが夜トイレに立つ回数は平均で1回となりました。

ピーターはその後、2週間の休暇に出かけました。その間は毎日、大量のアルコールを摂取していました。ピーターは夜尿症が復活するだろうと思っていましたが、喜ばしいことに2週間ずっと完全に膀胱を制御できました。

ユーロクスを2ヶ月服用した後、ピーターの膀胱制御力は「普通」の範囲に入るようになりました。つまり、日中の排尿回数は6〜8回に、夜間トイレに立つ回数は最高1回になったということです。夜尿により寝具を濡らすこともなくなりました。

ピーターの言葉から:

「私の膀胱は体重20kgのおばあちゃん並みの弱々しい膀胱から、アーノルド・シュワルツェネッガー並みの膀胱へと変わりました。もしかしたらこの状態が普通なのかもしれませんが、私にとってはそれくらい強くなったように感じます。始めてから2週間で、朝7時20分にトイレに行って以降、午後1時20分まで行かずにすんだのです。つまり6時間トイレに行かなかったことになり、これは私の人生での最長記録です。以前はいつも、2時間経たないうちにまた行かなければならないと感じ、3時間が我慢の限界でした。今はトイレに行くことを考えても我慢できますが、前は絶対に無理でした。昔は我慢することはひどく苦痛でしたが、今はすばらしい気分です」。

臨床的コメント:

ピーターにはユーロクスがとても合っていたようです。すべての人にピーターと同じような反応が見られるわけではありませんが、ユーロクスの持つ膀胱の筋肉を強化する効果により、ピーターの場合は2ヶ月の使用で完全な制御力を得ることができました。4年が経った後も、健康な膀胱制御を維持するため、ピーターはユーロクスを服用し続けています。